SDGs

スリーテック株式会社は、SDGs(持続可能な開発目標)に取り組んでいます。
 

SDGsとは

 

これからの企業に必要なこととSDGsのメリット

  • 企業はこれまで、顧客のため、地域社会のため、そして生活環境維持のために求められる製品やサービスを提供してきました。昨今の人材不足や消費ニーズの多様化、異常気象等によりさまざま課題を抱える企業が増加しています。企業が将来にわたって継続し、より発展していくためには、長期的な視点で社会のニーズを重視した経営と事業展開が必要となります。
  • これからは、SDGsを活用することにより経営リスクを回避するとともに、企業の信頼性が高まり人材確保にも効果がある他、企業のモチベーション向上に寄与するなど、社会教育としても効果があります。
  • SDGsは、新しく何かを始めなくても自社が取り組んでいること事業や、福利厚生などSDGsのゴールを紐づけることで、多大なコストをかけずに取り組む事ができます。
持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。
(外務省ホームページより)
 

スリーテックのSDGsへの挑戦

この度、スリーテック株式会社は土木事業を通じ「持続可能な開発目標(SDGs)」の実現に貢献していくことを宣言いたします。
私たちは、港湾土木事業、潜水工事、宅地造成工事、法面・治山工事を行い、国の安全や環境補助を支援し、子どもたちの未来を守っていける活動を心がけていきます。

あらゆる場所のあらゆる形態の貧困を終わらせる

非常食を備えることで、世界の飢餓救済の活動に賛同し救缶島プロジェクトに活動参加中

 

具体的な取り組み

すべての人に健康と福祉を

・健康経営を推進し、健康的な生活を確保
・新生児などの予防可能な死亡の根絶を目指す
・子供ワクチンの確保と感染症の完全予防を支援するための募金・ワクチン供与活動をペットボトルキャップ回収を通じて参加

働きがいも経済成長も

・建設技術者のキャリアアップの促進
・作業を通じた地域への社会貢献

住み続けられるまちづくりを

・働き方改革の推進
・地域自治体との防災協定

エネルギーをみんなにそしてクリーンに

地球温暖化の原因のひとつであるCO2を削減し地球温暖化対策に貢献します。

 

ISO規格を満たし、質の高い施工を目指す

ISO9001 スリーテック株式会社 品質方針

「ISO9001」とは国際基準化機構が定めた約2万ある国際企画のうち「9001」の番号がつけられた国際規格を指します。
「規格」とは『工業製品などの品質・大きさ・形状などについて定められた標準』『判断の基準となる社会的な標準』です。
国際標準化機構は多数の国の代表者の集まりですから、ここでの取り決めは国際的に使用されることを前提としています。この規格に沿って組織の仕組みを構築し、運用することによって、“顧客要求事項及び適応される法令・規制要求事項を満たした製品及びサービスを一貫して提供する能力を持つことを実証する”こと、及び“GMS改善のプロセスを含むシステムの効果的な適用、並びに顧客要求事項及び摘要の保証を通して、顧客満足の向上を目指す”ことができるとされています。

ISO14001 スリーテック株式会社 環境方針

ISO140001では、環境マネジメントシステムに対する要求事項(80の“shall”(しなければならない)が記載され、認証審査の基準として使われます。
環境マネジメントシステム(EMS)は、経営者がISO14001を活用し、設定した方針・目標を効果的に達成していくための仕組みになります。

世界自然保全戦略(1980年)で用いられた「持続可能な発展(Sustainable Development)」という言葉は、環境と経済の持続的両立を求める概念であり、ISO14001は、持続可能な発展を目指し、資源を効率的に活用し循環型社会を形成しようという取り組みを経営の一環として取り組むための要求事項となります。

 

豊かな地域社会・環境作りを目指すために

    世界一人一人の笑顔の時間を増やし、未来の子供たちに1つでも多くの遺産を残すべく、すべての事象を他事ではなく、自分の事として取り組みます。
このページの先頭へ

MENU